仙台の矯正治療ならくぼた矯正歯科クリニック

無料矯正相談 オンライン予約

TEL:022-395-5888

院長日記&お知らせ

東北矯正歯科学会

この週末は東北矯正歯科学会というマイナーな学会が盛岡であり、仙台から先輩の先生の車に同乗させて頂いて、盛岡までドライブを楽しみつつ学会に参加してきました。

東北地方の矯正専門医が集まる学会のはずなのですが、毎年どういうわけか人が少なくて、発表もどんどん少なくなっているような感じがあり、やや盛り上がりに欠ける学会でした。

お昼時には、数年前に新聞で取り上げられ、大学にもかなりの問合せが来た“乳歯列からの反対咬合の治療”をテーマにしたランチョンセミナーがありました。
矯正治療にはいろいろな考え方があるのですが、私の臨床教育を受けた東北大学では反対咬合は骨格性の問題が多いことから早期治療は避ける傾向にあります。
言ってみればその対角をいく考え方のセミナーでした。

昨日の講演を聴いての私の感想として、やはり早期に矯正治療を始めるメリットは少ないと思いました。
私の感想というより矯正歯科の概ねの考え方として反対咬合は成長方向を確認してからの方が問題は起きにくいと考えられています。

ただ、子供が反対咬合になったときのご両親の気持ちは理解できます。
大抵は“このまま放置したら大変なことになるのでは・・”と思われるのだと思います。
そういうご両親の気持ちを考えて、積極的に治療時期などを情報提供していくことが大切だと思います。
もちろん個人差があるので、乳歯列の反対咬合の治療に全く意味がないかというとそうでもないと思うので、まずは反対咬合の状態を正確に診断するところから始めるべきだと私は思います。

写真は、盛岡の観光名所“石割り桜”で撮った写真です。
一緒に写っているのは先日の日記で書いた“再生医療”の後輩。
これから論文の山場が来るに、二人してそんなことも忘れ暢気なもんです。