仙台の矯正治療ならくぼた矯正歯科クリニック

無料矯正相談 オンライン予約

TEL:022-395-5888

院長日記&お知らせ

歯学部の同級生

同級生で集まってそれぞれの専門について話をする勉強会を開いております。
友人の結婚式で意気投合して始められた企画も、早いもので5年目に入りました。

歯科治療と言っても、様々な分野が存在します。
最も一般的なのが、むし歯の治療を行う保存修復科、歯の被せものや入れ歯を作る補綴科だと思います。一般的な歯科診療の大部分はその2科でカバーされてしまうのですが、その他にも小児の治療を専門にしている小児歯科、私の専門の矯正歯科、歯周病を専門にしている歯周科、外傷や腫瘍の治療を行う口腔外科、虫歯を作らないようにケアを行う予防歯科、少し変わったところでは顎関節症を専門治療対象にしている診療科や障害者歯科など様々な診療科が存在します。

我々歯科医師は、歯学部を卒業すると、それぞれに興味がある分野を選択し、その分野の知識と技術を学べる医院や診療科で各自の臨床を追究していくこと行くことになります。
望ましいことではないのですが、臨床を長く続けていくうちに、どうしても情報が専門誌知識に偏ってしまうということが起きてきます。
私の場合も、矯正治療以外の知識が日々増えることが少なく、気がつけば時代遅れなんてことにもなりかねないのです。
話をしているときに、同じ悩みを友人も持っていることが判明し、同級生に声をかけて勉強会を始めることになったのですが、勉強会をやってみると、これが楽しいうえに大変役立っています。

月1回で勉強会を開くという当初の目標は年月が経つに従い、数ヶ月に1回、半年に1回とペースダウンしています。
それでも、この会を消滅させてはいけないと思い、土曜に久し振りに会合が開かれました。
今回の会合は都合により、近況報告のみでしたが。
近況報告なんてなんだか聞こえが良いのですが、要は単に飲みたかっただけ・・・。
動機はさておき、やはり同級生が集まると様々な情報が集まり、ストレス発散だけでなく、それなりに有意義な会でした。

最近では、もっぱら勉強会が単なる飲み会になりつつありますが、年内にせめて1,2回はちゃんとした勉強会を強行開催したいと思います。
ということで勉強会のメンバーの皆さん、準備を進めましょう。