仙台の矯正治療ならくぼた矯正歯科クリニック

無料矯正相談 オンライン予約

TEL:022-395-5888

院長日記&お知らせ

アトリエ訪問

写真の絵画は医院に飾ってある吾妻篤という画家が描いた絵です。
開院直前にご本人に直接足を運んで頂いて院内のイメージに合う絵を選んで頂きました。
ご本人に勧められた絵だけあり、全く絵心のない私ですが結構気に入っています。

御挨拶が大分遅れてしまったのですが、今日は休診日だったのでお礼かたがた吾妻先生のアトリエとご自宅を訪問してきました。
吾妻先生は河北美術展の顧問をされている先生で、数々の賞を受賞されている先生なのですが家内の叔父にあたる人物でもあります。

アトリエもご自宅もさすがアーティスト、古民家を彷彿させるお洒落な建物で、建築の雑誌に載っていてもおかしくない素敵なお宅でした。
絵はヨーロッパの風景を基本的に紫を基調描いておられるそうなのですが、絵のイメージとは異なり先生自身もご自宅もどちらかと言うと和テイストで、そのギャップが何とも良い雰囲気を醸し出していらっしゃっいました。
ますますファンになってしまいました。

アトリエを見せて頂いているうちに自分でも油絵を一度描いてみたいという衝動に駆られてきました。
吾妻先生は絵画教室も開かれているそうなので、時間ができれば一度教室にも通ってみようと思います。

アトリエの訪問には両親も同行したのですが、個展の話をしているうちに話の流れが絵の購入の話に移り変わり、気がつけばなぜか義父が絵を購入する話になっていました。
帰るときにはしっかりと小さめの箱を握りしめており、これこそまさに絵に描いたような衝動買いというのでしょうか。
その場にいた人全員があまりの刹那の行動に???でしたが、衝動買いしたご本人も話の流れにのって勢いで買ってしまったと笑っておられました。。

往きの車中ではまさか絵を買って帰ることになるとは夢にも思いっていないし、世の中って何が起こるか分からないものですね。