仙台の矯正治療ならくぼた矯正歯科クリニック

無料矯正相談 オンライン予約

TEL:022-395-5888

院長日記&お知らせ

矯正学会

木曜金曜と大阪で日本矯正歯科学会という歯科矯正の分野では最も大きな学会が開催されたので参加してきました。
この学会は認定医にとっては参加しないと資格を更新できないという側面もあり、矯正を専門にしている人はほぼ全員参加する学会です。

かなり重要な学会でもあるのですが、何が一番印象に残ったかというと大阪の暑さです。
2日間とも34℃という猛暑で、最近はめっきり秋の気配が漂っている仙台に慣れているせいか頭がクラクラするような暑さでした。
ひょっとしたら普段着慣れないスーツで出かけたので余計に暑かったんでしょうか。

学会の内容自体は、自分も発表しておいて言うのもなんですが、割と中身の薄い学会だったように思います。
私の個人的な意見としては、日々の臨床を発展させるようなテーマで開催して欲しいといます。
内容の好みは人それぞれなので、今回のように基礎的な研究をメインにした学会を好む先生もいるんでしょうね。
ちょっとマニアックな内容の学会でした。

さてさて、写真はついに登場していただきましたが、真ん中に写っていらっしゃるのが私が非常勤講師として籍を置かせていただいている東北大学歯学研究科の口腔障害科学分野の教授です(教授に写真を載せる許可を頂いていないのですが、勝手に載せてしまいました。すみません五十嵐先生。)
この日はアメリカの学会から帰ってこられて、その足で矯正学会に来られたそうで、やや疲れていらっしゃるようでしたが、にこやかに記念撮影に応じてくださいました。

向かって左に写っていらっしゃるのは中国の大連医科大学の矯正歯科の劉教授です。劉先生は大学院の同期で一緒に矯正を学んだ仲なのですが、いまでは私とは天と地ほどの差があるくらい出世されて主任教授をされています。
日本の学会で久し振りに会ったところ以前と全く変わっていらっしゃらなくて気さくな良い先生です。
矯正とは全く関係のない話でしばらく盛り上がり、中国に是非遊びに来て欲しいとお誘いをうけ、次の再会を約束して別れてきました。

結構、私は真に受ける方なので社交辞令で来て欲しいなんて言われた日には、本気で中国に行ってしまうかもしれません。

中国旅行をいつにしようかと楽しみにしつつ仕事に励もうと思います。