仙台の矯正治療ならくぼた矯正歯科クリニック

無料矯正相談 オンライン予約

TEL:022-395-5888

院長日記&お知らせ

お好み焼き

父親の料理第2弾として、お好み焼きを作ってみました。
関西人なのだからお好み焼きくらい作れて当たり前と言いたいところですが、美味しいお好み焼きを作るのは難しいです。
そりゃそうですよね、関西の人間がみんなうまくお好み焼きを作れたらお好み焼き屋なんて商売になりませんし。

ごくごくノーマルな作り方で作ったのですが、子供達には微妙にウケが悪かったです。
自分で食べても55点ってところでしょうか。
旨くないのは素材が良くなかったせいと、責任転嫁をしたいところですが、多分悪いのは私の腕だと思います、やっぱり。

一番の反省材料はキャベツの刻み方が荒すぎたことじゃないかと。
子供は野菜が嫌いなので、なるべく目立たないように細かく刻まないとキャベツの姿を見つけただけで拒絶反応です。
それにキャベツの刻みが大きいと食感がなんかゴワゴワするというか、うまく表現できませんがあまり旨くないです。
仕事柄細かい作業には自信があるのですが、どうも包丁で野菜を細かく千切りにするのは苦手です。
なんか手を切りそうで怖いんですよね・、手を切るほど料理をしているわけじゃないから切ったこともないのですが・・・。

再度お好み焼きでリベンジと言いたいところですが、何回やってもしれているような気もしますので、次回は別の料理を探すことにします。