仙台の矯正治療ならくぼた矯正歯科クリニック

無料矯正相談 オンライン予約

TEL:022-395-5888

院長日記&お知らせ

巨人の戦力補強って・・・

前々からずっと思っていたのですが、たまたまさっきネインターネットのスポーツ欄をみていたら“赤星が巨人批判”なんて記事があったので、ここ数年思い続けていたことを書いてみようと思います。

一にも二にも、”巨人の選手集めは大人げない”。

お金があればなんでもOK見たいな世の中の風潮を明らかに助長しているように思います。
FAになった選手をポジションなんて関係なしでかき集め、年俸が高くて他球団がとれない外人をかき集め。
挙げ句の果てに、それで日本一になり損ね、また戦力が足りないと補強。
勝てば官軍なんて言葉もありますが、まさか戦争じゃあるまいし、少しはスポーツマンシップを考えないと世間から総スカンを食らうような気がします。
現に、人気が落ちて視聴率を取れないからテレビ放送は毎年縮小の一途だし。
そりゃそうですよね・、どんなことにも過程は重要です。
突然別球団から移籍してきた選手を生え抜きの選手のようには応援できるはずがないですよね。
一言物申すとするなら、“何が巨人軍は紳士たれじゃ、バカじゃね・?”と言ってやりたいもんです。

こんなことを関西人が書いたら、さぞ熱烈なタイガースファンと思われるかもしれないですが、巨人がこんな見境なく選手を集めるようになる前までは立派な巨人ファンでした。
今でも日本の野球をいろんな意味で引っ張っているのは巨人だから、巨人にはいつでも強い巨人でいて欲しいと思います。
でも、もうちょっと盟主たる所以を自覚して野球を盛り上げて欲しいモノです。
多分、野球ファンなら誰でも同じ心境だと思うですが。

特定の個人とか団体を悪く書くのは、この日記の存在意義とは異なるのですが、たまには綺麗事じゃない本音も悪くないでしょうか。
巨人ファンの方、すみません。

上原とか阿部とか生え抜きの素晴らしい選手がいっぱいいるんだし、2軍にも有望な選手がきっといると思うんですよね。
そういう選手を大切にしないと、日本の野球がいつかアジアの国々に追い越されてしまうと思うんですよね。
”頑張れ、巨人の2軍の選手達!”