仙台の矯正治療ならくぼた矯正歯科クリニック

無料矯正相談 オンライン予約

TEL:022-395-5888

院長日記&お知らせ

花粉症、その後

2月の半ばに花粉症を発症し、最初の数日は鼻水タラタラで大変な思いをしましたが、抗アレルギー剤を飲み始めてからはというと快調です。
鼻水を止める薬は喉が渇くとか眠くなるとかそういう副作用をよく聞きますが、僕の場合はそういう症状もほとんどなし。
夕食の後に1錠のんで、他に毎食後に漢方も処方されていました。
あまりに快調なので自分の体で人体実験を始めることにしました。

まずは1日1錠の抗アレルギー剤をやめてみました。
土曜の晩に最後飲んで以来、服用中止して3日以上経ちますが快調です。
鼻水は全くと言っていいくらい出ません。
あまりに調子が良いので、調子にのって昨日から漢方もやめました。
やっぱり今のところ鼻水は出ません。
どういうこと???
抗ヒスタミン剤が相当効いているってことでしょうか?
確かに1日1錠だから1日で効き目が切れるというもんではないのでそれはあり得ます。
それにしても3日以上も効果が続くとなると、それはそれで薬が強すぎるってことですよね。

それとも漢方が予想以上に効いているのか?
小青竜湯という漢方ですが、これも抗アレルギー作用があるようなのでその御陰かもしれません。
どっちにしても今日は薬を飲んでいませんが症状はでていません。

ひょっとして花粉が飛んでいないことも考えられます。
ここしばらくやたら寒いのでその可能性も十分ありです、なんせほとんど外に出ないので花粉を接する機会も少ないはずだし。

しかし、花粉症の症状だと思っていた咳だけは今も継続中。
ん?ひょっとしてただの風邪?
アレルギー体質なので、いつかは花粉症も発症するものと思いこんでいましたが、俄然強気になってきました。
この際、単なる風邪だったというふうに考えるとにします。
まあ、まだ予断は許しませんが。

でも、来る患者さん、来る患者さんに花粉症の話をしてしまったし、これで単なる風邪だったらそれはそれで微妙に気まずいかも・・・。
いや、それよりも数日後にまた鼻水が出始めたらやっぱり花粉症ってことになるし、今度はその話を書くのが恥ずかしい。

それならこんな話かかなければ良いんですよね。
あー、なんか混乱してきました。