仙台の矯正治療ならくぼた矯正歯科クリニック

無料矯正相談 オンライン予約

TEL:022-395-5888

院長日記&お知らせ

矯正治療時の痛み

歯科医院に行くのに躊躇する最大の理由は“治療時の痛み”が挙げられると思います。
矯正治療でも痛みがあるのは同じで、一体どれくらい痛みがあるのか、これは治療を開始しようと考えられている方にとっては気がかりなことです。

では、矯正治療で発生する痛みはどの程度なのでしょうか。
一般的に、矯正装置を装着するとひと月に1回程度来院して頂き、ワイヤーを調整して歯の移動を行います。
ワイヤーから発生する力は、ブラケットと呼ばれる矯正装置を介して歯と歯を支える歯槽骨に伝達されます。
伝達された力により歯槽骨が歯の移動する方向に向かって一時的に骨が吸収され、移動が終わると骨が添加されていきます。
このときに歯槽骨には一般的に鈍痛が発生することが多く、大抵の場合には食べ物を食べるときに上下の歯が接触する際に痛みます。
この痛みは個人差が非常に大きく、場合によっては上下の歯が接触していなくても痛みを感じる方もいらっしゃいますし、痛みをほとんど感じない方もいらっしゃいます。

痛みの種類は、むし歯が出来たときに感じるような鋭利な痛みではなく、打ち身になったときなどに感じるような鈍い痛みを感じられる方が多いようです。
むし歯のように鋭い痛みではないため夜眠ることが出来ない程の痛みではありませんが、痛みがあるときの食事では苦労する方がほとんどです。

この痛みは矯正装置を装着している期間中ずっと続くわけではなく、ほとんどの場合はワイヤーを調整して数日以内に治まり、長い人でも約1週間程度で気にならない程度になるのが普通です。

このように矯正治療は痛みが伴いますので一時的には生活の質(QOL)を低下させると言われています。
ただ、痛みには慣れというものがあり、ほとんどの患者さんが治療開始直後に感じた痛みよりは程度が軽くなったという感想が多く、治療を続ける間にQOLは回復していきます。

私の個人的な意見ではありますが、痛みについてはそれほど大きな問題ではないと私は考えています。

案ずるより産むが易し、気軽に治療を始めていただけると我々矯正医としてはありがたいです。