仙台の矯正治療ならくぼた矯正歯科クリニック

無料矯正相談 オンライン予約

TEL:022-395-5888

院長日記&お知らせ

メガネ

使っていたメガネ、最近どうも見えにくい気がして眼科に行ってみました。
暗くなってから車を運転すると周囲が見えなくて危ないのなんのって。
眼科での検査結果はやはり少し近視と乱視が進んでいて、メガネを新調することにしました。

私の視力、目が良い人には信じられないくらいしか見えていなくてメガネを外しての生活は考えられません。
処方箋を持ってメガネ屋に行って、レンズの在庫があった試しがありません。
超圧縮のレンズで極力レンズの小さいメガネを選ぶのですが、それでも牛乳瓶の底のようなガリ勉メガネになってしまいます。
ガリ勉メガネが嫌で、高校からはずっとコンタクトで過ごしていたのですがアレルギーとドライアイで目が充血してしまい、5年前くらいに諦めてメガネに戻しました。
メガネに戻してから視力がどんどん落ちていくような気がしますし、そもそもメガネって不便ですよね。

子どもの頃から視力が良くなればどんなに人生素晴らしいだろうなんて考えていたのですが、近年角膜をレーザー処理して視力を回復させるレーシックが普及してきました。
ド近眼の人間にしてみれば夢のような手術です。
眼科の先生にレーシックについて聞いてみたところ、私のような超ド近眼にはメリットが大きいと仰っていました。
それを聞いて、最近はレーシックの手術を受けたくて仕方がありません。
ただ目の手術となると勇気が要ります。
万が一のことがあったらどうしようとか、今後起こるであろう老眼にたいしてはどうなのかとか。

眼科の先生が仰っていたのですが、近視の眼科医でレーシックを受けている人はだいたい5%前後らしいです。
残りのほとんどの近眼の眼科医がレーシックを躊躇するのは何故かと聞いたら合併症が起こる可能性を否定できないからだと仰っていました。
確率的には相当に低い率らしく、滅多に起こるものではないらしいですがやっぱり危険があると考えてしまします。
焦って決めるもんでもないし、今度のメガネは今のところ絶好調によく見えているのでしばらくは様子を見ようかと思っています。

でも、やっぱり受けたいな・。
当分はレーシックのことを考えながら過ごすことになりそうです。