仙台の矯正治療ならくぼた矯正歯科クリニック

無料矯正相談 オンライン予約

TEL:022-395-5888

院長日記&お知らせ

お遊戯会

昨日は娘の幼稚園の通っている清水幼稚園ではクリスマスお遊戯会でした。
早いもので娘も年長になり、最後のお遊戯会となりました。
うちの娘は自由気ままな性格で、毎年お遊戯会では周囲とやや違った動きをすることも度々で練習の成果をうまく出せないタイプでしたが、今年のお遊戯会はひと味違った娘を見ることができました。

以前はひとりだけ左右逆の動きをしていたりワンテンポ振り付けが遅れていたり見ている方がドキドキでしたが、昨日のお遊戯会では娘は周囲との動きもピッタリでしたしとても楽しそうに踊っていていました。
親としては嬉しかったし、感動しました。

以前、娘がまだ幼稚園に入る前のことですが、ご近所のお子さんのお母さんと話をする機会がありまして、その時にたまたまお子さんのお遊戯会の話を聞きたことがありました。
お子さんがお遊戯会で踊っている様子を見ていたら涙が止まらなくなって大変だったとお話しをしていたのですが、まだ子どもが幼稚園にも入園していなかった私にはそんなバカな話ってあるのかと思っていました。
お遊戯会で踊っている姿に感動するなんて考えられないとちょっと醒めた気持ちで聞いていたのですが、なんのことはない、そういう自分が娘の踊っている様子を見て感動しているのだから笑ってしまいます。

恥ずかしながら、幼稚園で過ごしている娘の様子を見ていると何故だか胸にこみ上げるものがあります。
一生懸命な姿に感動するのか、それとも成長した娘の様子に感動するのか自分でも理解できないのですが、運動会で行進する姿を見ては涙がこみ上げお遊戯会で踊っている姿をみては涙がこみ上げ、ちょっとしたお馬鹿な父親です。
家で過ごしている姿では毎日の変化を実感することができませんが、たまに幼稚園での様子を見ると確実にうちの娘も成長しているようです。

しかし幼稚園の先生って大変でしょうね。
私なんてうちの娘ひとりでも手に負えないのにあんなに大勢の子どもの面倒を見るのだからその苦労は並大抵じゃないと思います。
本当に頭が下がる思いです。
残すところあと数ヶ月になりましたが、先生、どうぞ宜しくお願いいたします。