仙台の矯正治療ならくぼた矯正歯科クリニック

無料矯正相談 オンライン予約

TEL:022-395-5888

院長日記&お知らせ

下戸

お酒を飲みに行くのが大好きなのに、私はほとんどお酒が飲めません。
飲めないくせに飲みたがりのところがあり、友人に交じってビールから飲み始めるのですが、中ジョッキを一杯飲んだ段階で大抵酔っぱらっています。
お酒も練習をすれば強くなるなんて話を聞いたこともありますが、あれ嘘ですよね、練習と呼べるほどのことをしたこともありませんが飲んでも飲んでも一向にアルコールの分解が上達する気配が感じられません。

普通、お酒を飲める人は酔いが廻ってくると楽しい気分になるようなのですが、私の場合はそのほろ酔い気分のゾーンが非常に小さく、酔いが廻るとすぐ眠たくなります。
眠たくなっても飲み続けると、次はマラソンをしているかの如くに心臓がバクバクし始め、ちょっとしたジョギングをした後のようで苦しいのなんのって。
だったら飲まなければ良いのですが、なんとなく自分だけウーロン茶を飲んでいると場に馴染んでいないような気がして寂しいんですよね。

飲めないのは酵素がないから仕方がないことなのですが、どうも全く酵素がないわけでもないような気がする現象があります。
私の場合、状況的に眠っても問題がなさそうなら大抵は眠ってしまうのですが、ほんの10分くらい経って目が醒めるとどういう訳か顔の赤味がひいて心臓のバクバクも嘘のようにすっかり収まります。
また飲むと同じように眠気に襲われるのですが、ほんの少し眠るとまたスッキリと復活します。
眠ったり起きたりと忙しいのですが、どうも眠っている間だけはアルコールを上手に分解できている気がします。
単に飲んでいる量が少ないからなのか、それとも眠っている間だけ肝機能が亢進しているのか不明ですが、とにかく今までに二日酔いというものになったことがありません。

昨日も、お付き合いのある人たちとセミフォーマルな懇親会があったのですが、案の定ビールを一杯飲み干したあたりから眠気と動悸に襲われました。
とても眠れる雰囲気じゃないので必死で最後まで頑張りました。
2次会もホントは行きたかったのですが、眠らないと動悸が収まらず苦しいので結局1次会で帰って来てしまいました。
ようやく気がつきました、一緒に楽しみたければ私はお酒を飲んではいけないです。
一度で良いから僕も気持ちよく酔っぱらって暴れて、そして次の日の朝に二日酔いになってみたいもんです。