仙台の矯正治療ならくぼた矯正歯科クリニック

無料矯正相談 オンライン予約

TEL:022-395-5888

院長日記&お知らせ

たこ焼き

関西人なら誰でもタコ焼きが焼けると、そういう話をよく耳にします。
ホンマかいなと疑わしく思われる方も多いと思いますが、確かに関西ではほとんどの家庭にタコ焼き器があるような気がします。
少なくとも私の実家にはありましたし私の友人のほとんどの家にタコ焼きプレートの類のものがあると聞いた気がします。
でも、たこ焼き器があるというのとタコ焼きが焼けるというのはまた別の話、少なくとも自力でたこ焼きを焼いた覚えは私にはありません。

先日、ホームセンターでたこ焼き器が格安で売られているのを発見しました。
なんと980円、性能がどれほどのものか分かりませんが、その値段ならおもちゃを買ったと思えばよいかと思い購入してみました。
なかなかデビューさせる機会がなかったのですが、今日は私の誕生日、誕生パーティーでたこ焼きを焼いてみることにしました。
なんで誕生日にタコ焼きか、それは私にも分かりません、念のため書いておくと誕生日にタコ焼きを作るという風習は関西にも決してありません。

関西人気質丸出しの私ならもちろんたこ焼きも作れるものだとうちの家内は思っていたようで、仕事を終えて自宅に戻ると私がたこ焼きを作る係と最初から決められていました。
でも、実際は作ったことないですし仕方がないのでネットでたこ焼きの作り方を調べ見よう見まねで作ってみました。
作ってみると、適当に焼いたわりにはうまく作れたような気がします。
自分で作るとなんでも美味く感じるとの話がないわけじゃないですが、それなりに形になっていたというか、とにかく楽しかったです。
調子に乗って大量に焼いたのは良いですが、すぐに子供たちはたこ焼きを焼くもの食べるのも飽きてしまい、結局自分で大量にたこ焼きを消費しました。

39歳の誕生日、今流行り?のアラフォーまっただ中、このくらいの年齢になると誕生日がめでたいのかめでたくないのかはっきりしない部分もありますが、それでも誕生日を祝ってもらえるのは嬉しいものです。
30代もあと1年となりました、四十路を目前にしてもいま一つ実感のわかない私ですが残された30代の一年を楽しく充実した時間にできるよう頑張ろうと思います。