仙台の矯正治療ならくぼた矯正歯科クリニック

無料矯正相談 オンライン予約

TEL:022-395-5888

院長日記&お知らせ

家電の寿命って?

全く矯正治療と関係ない話ばかりで恐縮なのですが、我が家で使用している食洗器が故障しました。
購入したのが2003年の2月なので6年半もの間頑張ってくれたわけです。
電化製品の寿命がどれくらいかは意見が分かれるところだとは思いますが、水回りでほぼ毎日1,2回稼働していることを考慮すると十分活躍してくれたと思います。

昔の家電なら調子が悪ければ叩くという古典的な技もありですが、コンピューター制御されている最近のものは当然そんなことでは直りません。
試しにとりあえず叩きましたがやっぱり同じエラー表示が出てその先のステップに進めません。
私の中では新品に買い替えた方が無難で出張費が無駄かと思ったのですが、家内はひょっとしたら直るかもしれないと主張しますしとりあえずサービスセンターに電話をかけ出張サービスを依頼しました。

東芝さんはさすが家電の大手企業です、対応は早いし丁寧です。
電話をかけた次の日にはサービスセンターの方が状態を確認にやって来てくださいました。
てっきり本体を持って帰るのかと思ったら、うちの機種で起きる問題はほぼ把握できているとのことでポンプを交換したら多分大丈夫と言います。
ものの数十分ほどでポンプを交換し、なんと材料代も出張代もかからないと言われ完全無料で修理してくれました。
リコールに近い修理内容なのかもしれませんが、6年以上も使用していたものが故障して無料で修理をしてくれるなんてかえって申し訳ない気分になります。
こうやって対応をしてくれると次もやっぱり東芝の食洗器にしようと思うし、ブログにも書いているのだから結構効果的な営業活動になるのかもしれません。
それを分かっていても敢えてその作戦に乗ってこれからは家電を購入するときには東芝を選択肢に必ず入れようと思います。

それにしても、モノは大切にしないといけないですね。
最近の機械って家電に限らずパソコンとか調子が悪くなるとそろそろ寿命かもしれないと安易に思ってしまうのですが、修理したらまだまだ使えるものがたくさんあるのかもしれません。
温室効果ガスの排出を大幅に削減することを鳩山首相が国際的に公言したようですし、私もモノを大切にすることで少しくらい貢献できるように努力してみようと思います。