仙台の矯正治療ならくぼた矯正歯科クリニック

無料矯正相談 オンライン予約

TEL:022-395-5888

院長日記&お知らせ

すばらしき銅メダル

高橋大介選手の銅メダル、感動しました。
4回転ジャンプを失敗したところまでは前回のトリノと同じでしたが、転倒してからの立て直しが明らかに違いました、これが成長の証なんでしょうね。
記者会見で鳩山総理も仰っていましたが、本当に素晴らしい精神力でした。

この4年間、周囲からのプレッシャーに耐え、大けがを克服し、そしてギリギリ間に合ったオリンピック、普通に考えればバンクーバーまで選手として行けたことで十分だと思うのですが、まさかまさかの銅メダル、おめでとうというよりも感動をありがとうと言いたいです。
高橋選手が表彰台で涙をこらえているシーンを見ていたら貰い泣きしそうになりました、年々涙もろくなっていく気がします。
とにかく、金じゃなくても本当に素晴らしい銅メダルだったと思います。

応援する方としてはやっぱり日本人の選手が活躍することを期待してしまいますが、全力で戦っている人間同士の勝負だし勝者がいれば当然敗者もいます。
メダルを取れなかった選手にも暖かい拍手を送らないといけないですね。
15歳でオリンピックに出られるスーパー中学生もいれば、30歳を過ぎるどころか私と同じ年齢で世界の第一線で活躍している選手もいます。
すべての選手が同等にメダルを狙えるわけでもありませんし、やっぱりオリンピックはメダルを取るだけがすべてではなくて、そこに至までの過程を含めたすべてが我々に感動を与えてくれるのだと思います。

人を感動させるって簡単なことではありませんが、オリンピックで頑張っている選手を見ているといつの日か私も矯正治療で患者さんを感動させることができるようになりたいと力が沸いてきます。
まだまだ見えない目標ではありますが頑張りたいと思います。