仙台の矯正治療ならくぼた矯正歯科クリニック

無料矯正相談 オンライン予約

TEL:022-395-5888

院長日記&お知らせ

虫歯の治療

数週間前、歯の詰め物が外れていることに気がつきました。
左側で食べ物を咬むとなんだか違和感があると感じていたのですが、鏡をみてビックリ。
見事に詰め物が外れていてキレイに奥歯に穴が空いた状態になっていました。
患者さんの口の中で詰め物が外れているのを見つけるとやや呆れた口調で“気がつかなかったのですか〜?”などと偉そうに言っている割に、自分の口の中で同じことが起きてもすぐに気がつかないのだから困ったもんです。

さらに困ったことにすぐに治療を受ければよいのに何となく気が進まなくてしばらく放置です。
患者さんにはこれまた偉そうに“むし歯は放っておくと進行すうので早期に対応するのが基本だ”なんて言っている自分が恥ずかしい。

歯科医師たるものこんなことではいけないと意を決し、昨日、同級生の小久江くんにお願いして治療してもらいました。
さすがでした、手際もよいし痛みもないし丁寧だし、キレイに治って久しぶりに左側でもモノを噛めるようになりました。

毎日の習慣だと思いますが、小久江くんは私にも丁寧に説明し、治療中も次の常に声をかけ、ホント安心です。
相当久しぶりに歯の治療を受けましたが、普段自分が診療しているのと受けているのでは見えている景色が全く違うものですよね、当たり前ですが。
やや不安なときにちゃんと説明してくれると安心感が違います。
自分が診療しているときには、おびえるお子さんに“怖いことしないから大丈夫だよ〜”なんて言ってますが、怖くないわけがないと逆の立場になると良く分かりました。
こうやって、たまには患者の立場になってみるのも悪くないですね。
小久江くんの治療スタイルのよい部分を早速ぱくらせてもらおうと思います。

さてさて、添付画像の花束ですが、今日スタッフが医院の開業3周年を記念してプレゼントしてくれました。
花の後ろに写っている怪し気な歯の人形もプレゼントのようです・・・、たぶん明日医院にやってくるお子さんに滅茶苦茶にされることでしょう。
なんにしてもスタッフから節目を祝ってもらえるなんてありがたい話ですよね。
振り返るとあっという間の3年間、自分なりには充実した楽しい時間を過ごせたと思っています。
今後ともスタッフ共々力を合わせて患者さんに愛される医院を目指したいと思いますのでどうぞ宜しくお願い申し上げます。