仙台の矯正治療ならくぼた矯正歯科クリニック

無料矯正相談 オンライン予約

TEL:022-395-5888

院長日記&お知らせ

世の中すごい人がいるもんです

白鵬の連勝、ついに止まってしまいました。
63連勝って、横綱の勝率が単純に5割じゃなくて9割と計算しても0.9の63
乗、計算してみると0.1%以下の確率。そもそも横綱とはいえ9割も勝つはずがなくて、幕内での成績は467勝97敗のようなので勝率8割2分、それを63回勝ち続ける確率は0.002%以下でした。
常識的に考えたらあり得ない記録です、強い強すぎる。
昨年まで朝青龍と張り合って土俵を盛り上げ、今年は一人横綱として連勝して角界を盛り上げ、日本の国技を盛り上げてくれてどうもありがとう、どこまでも勝ち続けられるのか楽しませてもらいました。

それにしても印象的だったのは負けてからの支度部屋での様子でした。
69連勝の大記録を敗れなくて残念な気持ちはもちろん大きいと思いますが、それでも今回の記録だって大記録。
それなのに横綱は本当にガッカリした様子で、でも、その勝ちにこだわる姿勢こそが強さの秘訣ですかね。
もし私が白鵬なら今回の記録に大満足し、プレッシャーからも開放されたことだしご機嫌で浮かれてインタビューでしゃべりまくると思います。
白鵬は寡黙に悔しさをにじませて、自分の心のスキを反省するなんて偉大です。
これからも是非、相撲を盛り上げて欲しいものです。

偉大といえば、小惑星探査機のはやぶさもすごいですね。
2003年に打ち上げられて7年もの時間をかけて小惑星に着陸し“いとかわ”の粒子を回収し、再び宇宙空間に飛び立ち地球に戻ってくるなんてにわかに信じがたい話です。
それもエンジンが壊れた状態の機体を科学者が遠隔操作でコントロールして帰還、映画のSFさながらですが、それを日本の科学者が成し遂げたなんて誇らしい。
”いとかわ”で採取された粒子から太陽系の形成過程を推測できるそうですが、これからどのような発見があるのか楽しみですね。

すごいといえば、先日患者さんから頂いた洋菓子、ロワイヤルテラッセのアルザスという焼き菓子の旨いこと。
パウンドケーキにイチジクが入っていて、ブランデーの香りがしてめっちゃ旨い。あんなケーキを作れる菓子職人もすごいといえばすごいもんです。