仙台の矯正治療ならくぼた矯正歯科クリニック

無料矯正相談 オンライン予約

TEL:022-395-5888

院長日記&お知らせ

スキー

私が理学部の学生だった頃はスキーと言えば学生の必修科目と言って良いほどで、冬になると行き交う車のルーフにスキーのキャリアーが結構な割合で付いていたのですが、そういえば最近はキャリアーを車に付けているのをほとんど見なくなりました(その頃の私の愛車にももちろん付いていました)。
そうこうしていると今度はスノボーが流行だし、歯学部の学生の頃には私の周囲ではロン毛にワゴン車でスノボーをしに行くのが定番だったような・・・(ちなみに私ロン毛にはしたことがありませんが)。
そういえばあれほど巷に溢れていたロン毛も最近では狩野英孝さんくらいしか見ることなくなりましたね、あの流行は何だっただろ?
よこ道にそれましたが、最近はボードをするという話しも全然聞かなくなりましたし、やっぱりスキー人口が減っているんですかね~。

かく言う私も一体いつ以来スキーをしていないか全く思い出せません、昨シーズンはスキー場に子供を連れて行きましたが自分は滑らなかったし。
最後にスキーをしようと思ったのは確か長女が産まれた長後のことで、その時でも既に相当久しぶりだったのでウェアーを新調してせっかく準備万全整えたのに、出産後に里帰りをしていた家内が実家でケンカをしてよりによって私がスキーに行く予定の日に実家から帰ってくるという意味不明の暴挙によりスキーはお流れになりまして・・・。

そんなことはさておき、今年は本格的に子ども達にスキーを始めさせようと思い、このところ休日時間が取れるたびにスキー場に赴いています。
でも全くの初心者の子ども達の面倒を見るに自分が板を履いていると不便なのでやっぱり滑ってません。
キッズゲレンデを好き勝手な方向に滑り降りていく長男と長女を後ろからスノーブーツを履いてひたすら走って追いかけ、転んだら起こしてやってはまた滑らせる、なかなかガッツがいります。
この前の日曜なんてキッズゲレンデで物足りなくなった二人がリフトに乗りたいと言い出したのでリフトにそれぞれ一人ずつ乗せるのをアシストし、下りるときには係員だけじゃひょっとしたらトラブルが起きるかもしれないと思い、自分はリフトに乗らずリフトの脇を駆け上がるという荒技に挑戦しました。
8割方初心者用ゲレンデを駆け上ったところで力尽き、リフトに乗った子供達が私を嬉しそうに追い抜いていくのを不安いっぱいで眺めていたらなんのことはない、二人ともなんの問題もなく自力でリフトから下り何の躊躇もなく私の横を直滑降で滑り降りていきました。
息絶え絶えでゲレンデにひとり立ち尽くした私は何なんでしょう、周囲からは多分、相当に頭のイカレタ父親だと思われたに違いありません。

ところで、スキー場に行くときは自分が滑らなくてもやはりスキーウェアーを着ていきます。
約8年前に新調したまま使用していなかった忌まわしい想い出のウェアーを当然のように着ています、使ってないのを捨てて新しく買うのもなんだか勿体ないし。
日曜、ゲレンデから帰ってきて何とはなしにお尻を触ってみてビックリ。
なぜかお尻中央に結構大きめの穴が空いてました。
滑ってもないし、そもそも使いもしてないのになんで???
スキー場で私を見てもお尻をのぞかないでください。