仙台の矯正治療ならくぼた矯正歯科クリニック

無料矯正相談 オンライン予約

TEL:022-395-5888

院長日記&お知らせ

悪筆を褒められるの巻

先週までの猛暑が嘘のように台風が来てからは秋が深まったような涼しさです。
秋というと食欲の秋とか芸術の秋とか様々なものを連想される方がいると思いますが、今年の秋は私にとってはスポーツの秋です。

ここ数年というか思い返せば大学生の頃から、運動不足を感じるたびに急にジョギングを始めたり突然体を鍛えたりして、飽きるとぱったり運動をしなくなるということを繰り返してきました。
それでもそこそこの体型をかろうじて維持してきたつもりが、なんだかこのところ鏡に映った自分の姿をみるどことくな全体的に緩んだ印象が否めません。
家内からもなんかデブになったのではと言われる始末で、思いつきでいつものように運動をすることに決めました。

運動をするといっても過去の経験を踏まえると楽しくないと長続きしません、私に言わせるとジョギングなんて苦しいだけで何にも楽しくなくて、あれは修行以外の何物でもありません。
プールで泳ぐのも疲れてくると死にかけのトドのようになり、泳いでいるのか溺れているのか分からない状態でやっぱり楽しくない。
今回は楽しく続けられるのを最大の目標にしてテニスを始めることにしました。
私の友人が南光台ルネッサンスのテニススクールに通っていて以前から誘われていたので、私もこの木曜に入会してみました。

先週の木曜に友人に連れられスクール体験をしたところで入会をきめ、今週から正規会員として通い始めました、久々の運動なので体が重くて大変ですがとても楽しいです。
何事もやり始めると一気にテンションが上がるのが私の特徴で、今回も自分の中ではかなり盛り上がっております。
YouTubeでテニスのレッスンモノを見ながら研究してイメトレするだけでは物足りず、昨日は家内と子供に球出しをお願いして自宅前でも練習する熱の入れようです。
今のところ週1回ですが、これは当分楽しく続けられそうな気がします。

さてさて、テニススクールに限らず何かを契約するときには必ず契約書を記入する必要があります。
以前から私の悪筆について何度も書いておりますが、字の汚さが最大のコンプレックスでもあり人に注目される中で文字を書くとただでも汚い字が緊張でさらに波打ち読めたもんじゃありません。
今回もスクールの職員の方に説明されながら書類を記載していったのですが、その女性から“男性の方には珍しいくらいに字が上手ですね~”と褒められました。
人生で一度たりとも字を褒められた経験のない私は余りに意外な言葉に呆然。
会話のとっかかりを見つけるテクニックなのかもしれないですが、さすがに私の字を褒めたら美的センスを疑われます。
でもでも、お世辞だとは分かっても今までに字を褒められたことがなかっただけに、いやいや嬉しかったな~。(まんまとおだて作戦に乗りまくった久保田でした~)