仙台の矯正治療ならくぼた矯正歯科クリニック

無料矯正相談 オンライン予約

TEL:022-395-5888

院長日記&お知らせ

カメの飼育

昨年の夏から我が家ではカメを飼っております。
長男が誕生日プレゼントにカメが欲しいと言い出し、生き物を飼育するのも悪くないと思い赤ちゃんミドリガメをペットショップで購入し長男が世話をするはずでした。
でも、長男は買ってもらったとたんに興味をなくし、今では家内がそのカメ(カメ吉)を一番かわいがっています。

私自身は基本的に生き物を飼うのは面倒なので苦手です。
カメ吉くんの世話もできればしたくないです、でも、うちの家内はエサをやったりボ~ッと眺めるのは嫌いじゃないようですが水槽を洗ったりするのは嫌がります。
長男に至ってはすでにカメが自分のペットである認識のかけらもなく、そうなると汚れた水槽を洗うのはもはや私しかありません。
前々から水槽が汚れているのが気になっていたので天気も良かったし昨日は朝イチで水槽を洗うことにしました。

大きい水槽でもないので、水槽ごと風呂場に運びカメ吉くんを洗面器に移しせっせと洗い始めました。
イヤイヤ始めた仕事でも一度始めるとA型の血が騒ぎとことんキレイにしないと気が済みません。
昨日も水槽だけじゃなく砂利までキレイに洗い、勢い余って濾過器を分解し隅々まで汚れを取るのに約30分です。
ピカピカになった水槽を所定の場所に戻してから水を入れればそれで作業は終わりのはずだったのです・・・。
横着者の私は最後のヒト手間を惜しんで並々と水槽に水を入れて運ぼうとしたその瞬間です、手袋が滑って水槽を腰の高さから見事に落下させました~。
ガラスの水槽がその衝撃に耐えられるはずがありません、見事にガラスが砕け砂利が洗い場に散乱し、それはそれは酷い状態です。
結局、割れた水槽の処理やら風呂掃除にその後1時間を要し、新しい水槽を用意し、無駄な労力とお金を使いました。

今日、出勤前に様子を見たら、図らずもサイズアップされた水槽の中でカメ吉くんは気持ち良さそうに泳いでいます。
こっちは昨日の中腰の作業のせいで完全に筋肉痛ですが、まあ良しとします。
しかし、次回から水槽を洗うときどうしましょう?
かなりサイズアップした水槽、もはや1人で運べる気がしません。