仙台の矯正治療ならくぼた矯正歯科クリニック

無料矯正相談 オンライン予約

TEL:022-395-5888

院長日記&お知らせ

Europe Invisalign Summit in Barcelona

バルセロナで開催されたインビザラインサミットに参加して来ました!
この学会はヨーロッパ中のインビザラインドクターが最新の情報を持ち寄る学会で、ヨーロッパ以外の地域の国からも数名ずつ参加することができる参加者が限定されている学会です。
先日、プラチナステージに上がったので滑り込みセーフで今年は参加させて頂くことができました。
今回のメインのトピックスの一つとして、新しく開発された小臼歯抜歯をして凸凹や出っ歯を治す方針の話しがありました(インビザラインの業界ではG6システムと呼ばれています)。
以前から私も小臼歯抜歯症例をどのようにすればインビザラインだけで治療できるようになるかということに興味があり自身も国内の研究会で発表もしているので、このテーマには非常に楽しみにしていました。

インビザラインで抜歯した症例をどのようにして対応するかは、私が普段の診療で考えていることと大きな差はなかったので、そういう意味では新しいアイデアを入手できたというわけではありませんでした。ですが、私の方針自体が最先端として発表されている内容と大きな差はなく、国内外の多くのドクターが試行錯誤しながらこの治療に取り組んでいる話しを聞き、私も正しい方向に進んでいるとなんとなく納得できたので非常に有意義な学会でした。

今回の学会では私がこれまで限界だと思っていた以上のことをインビザラインで対応している発表もあり、今後はもう一歩先に進んでより多くの患者さんにインビザラインで対応するようチャレンジしようかと飛行機の中で考えながら日本に帰ってきました。

難しい話しはさておき、バルセロナは世界有数の観光地の一つでもあります。
今回はゆっくり滞在する時間がなかったのでほぼ学会に缶詰でしたが、それでもホテルの部屋から日の出を楽しめたし、サクラダファミリアを見学に行き、スペイン料理を食べ、そして街中をフラフラとバルセロナの空気を感じることはできました。

学会で得た知識をフル活用しながら、また診療に励もうと思います。