仙台の矯正治療ならくぼた矯正歯科クリニック

無料矯正相談 オンライン予約

TEL:022-395-5888

院長日記&お知らせ

東北インビザライン矯正研究会

東北インビザライン矯正研究会を立ち上げることになり、昨日、第1回の研究会を開催致しました。まずは親しい間柄の先生でインビザラインに興味がある先生方に集まって頂き、一応、私が主催者ということになってますので、これまで私がインビザラインで治療を行った症例についての話しをさせて頂きました。

インビザラインはここ数年で急速に治療技術に進歩が見られ、また様々なノウハウが蓄積されてきたこともあり以前では対応できなかったような難しい症例でも対応できるようになって参りました。日本で導入されてまだ10年程度ですが既に5万人を越える方が治療を受けられており、最近ではインビザラインによる治療が一般の方々にも知られるようになってきました。
比較的に歴史の浅い治療ということもあり、治療が上手く進まないのではないかとか、逆に誰でも簡単に矯正治療が行えるようになるのではないかなど、必ずしも正しくない情報が認知されていることもあります。

インビザラインは、治療を開始する前の段階で最終的な咬み合わせに至るまでの移動様式を決定する必要があるため、ワイヤーを用いた矯正と同じく経験と知識が非常に重要です。経験不足だと治療をうまく進まないことがあり、まずは実現性の高い治療計画を立てる必要があります。
多くの経験を積み知識を増やすことでより質の高い治療を提供できるようになるため、インビザラインを診療に使用している矯正医間で互いの治療経験から得られた知識を共有することは非常に有意義だと私は考えています。
まずは、インビザラインに興味があるドクターが集まって気軽に情報交換することができれば、今後のインビザラインの発展にも患者さんにとっても有益な研究会になると考えています。

インビザラインでの矯正治療を希望される患者さんの数も日増しに増加しておりますので、この研究会を通して皆様の期待に寄り添うことができますように努力していく所存です。
研究会に興味がある先生はお気軽に御連絡を頂ければ幸いです。