仙台の矯正治療ならくぼた矯正歯科クリニック

無料矯正相談 オンライン予約

TEL:022-395-5888

院長日記&お知らせ

加速矯正装置

矯正治療の期間をできるだけ短くしたいという希望をほぼすべての患者様が抱くかもしれません。矯正装置を着けている期間は固定装置の場合には不快感もありますし、見た目も良いとは言えない状態です。インビザラインで治療を行うにしても、早く歯並びが整うのであればそれは喜ばしいことで、早く治療が進めば、その分煩わしいマウスピースの着脱を行う期間も短くなります。

さて、矯正治療の期間を短くするためには、大きく分けて二通りの方法が考えられます。
まず第1は歯の移動速度を速くすることです。単純に歯が早く動けばそれだけ治療期間は短くなります。どうすれば歯を早く動かすことができるのかという研究は以前から世界中で為されておりますが、強い力を掛ければ移動が早くなるという単純な話しではなく、様々な方法が今日でも試されております。
治療期間を短くする第2の方法は歯の移動距離を短くするという方法です。予定している位置まで歯が一直線に動けば歯の移動距離は短くなるわけで、なるべく無駄な動きをしないように知恵を絞るのが我々矯正医の腕の見せ所でもあります。

当院でも患者様の治療期間をなるべく短くしたいという思いは抱いており、いくつかの方法を患者様にも実際に行っております。現在、くぼた矯正歯科クリニックで用いている最も単純で患者様に受け入れて頂きやすい方法としてorthopulse(オルソパルス)という装置を使用して歯の移動速度を速める治療方法があります。

このオルソパルスは1日1回約10分程度、近赤外線を歯肉に照射することで細胞の活性を高め歯の移動速度を高める装置です。インビザラインでの治療では当院では通常10日毎にマウスピースを交換しておりますが、オルソパルスを毎日使用しながら治療を進めると最短で3日毎にマウスピースを交換することができ、単純計算だと治療期間を3分の1程度まで短縮することができます。Time is moneyという言葉もあるように、とかく忙しい毎日の中で貴重な資源である時間を節約できることは何物にも代えがたい価値があるという考え方もあり、治療期間を短縮できることは患者様にとって非常に大有益だと思います。昨年から当院で使い始めたところ、使用している患者様には非常に評判が良く、もっと積極的に使用してもよいかと思っております。

そう思っていたところ、昨日、オルソパルスの開発者で製造販売してる会社のCEO(アラン博士)が当院にお越し下さいました。非常に優秀な研究者で様々な賞を研究で受賞され、更にカナダとアメリカに何社も会社を経営し、歯科医院を何軒も所有している歯科医師と聞いてどんな方なのかと興味半分、話が合うのか不安半分でお待ちしていたところ、医院にやって来られました。さて写真に外国の方が2名写っていますがどっちがそのアラン先生かお分かりになりますか?
手前はオルソパルス取り扱いの日本の窓口を担当されているマイケル、こちらは昨年からの知り合いでアラン先生をアテンドして医院にお越し下さいました。
奥がアラン先生、この写真じゃわかりにくいですが丸太のような腕をされていて、胸板が厚くて一見するとプロレスラーにしか見えません。首に巻いているストールがスカルプ模様で、最初、何かの間違いで別人が来たのかと思いました。

話す速さはこちらが言葉に問題があるのを気にしない超高速だし、声が低くて太いし、その上、眼差しが鋭すぎる。その眼力にしてあのメガネ!最初はびびりまくって何を話したのか記憶が定かじゃありませんが、歯の移動の話をレクチャーしてくだり、食事を一緒に食べていろいろな話しをして、実は気さくで愉快な先生だと分かったところで昨夜はお開きとなりました。

昨夜の体験で私が学んだことは、”人を外見で判断してはいけない”、です。