仙台の矯正治療ならくぼた矯正歯科クリニック

無料矯正相談 オンライン予約

TEL:022-395-5888

院長日記&お知らせ

日本矯正歯科学会 in 札幌

毎年、秋の恒例行事として日本矯正歯科学会大会というものが国内のどこかの都市で開催されます。この学会は私たち矯正歯科医にとっては国内で最大の学術大会で最新の知見を収拾し、学会発表を行ったり、時には医局の同門の先生と情報交換を行い、勉強と楽しさを兼ね合わせた会合です。今年は会場が札幌だったと言うこともあり、例年の学会よりも大勢の先生方が参加されていたような気がします。やはり、どうせ行くなら旅行気分も味わえる街が人気ですね。

今年の学会では恩師の菅原先生が包括診療といって、歯並び以外にも多くの問題を抱えた患者様の治療について講演をされていました。菅原先生の話はいつも常に新しい取組が話の中に含まれていて勉強になりますし、私よりも20歳以上も年配の先生がまだ最先端で活躍されていることに刺激を受けます。
自分の恩師が毎年世界中で講演をされる有名人だということは誇らしいですが、一方でこちらが頑張って追いかけてもなかなか追いつけない先生の活躍が少し眩しい思いがあります。私が大学の医局に入った頃の菅原先生の年齢がちょうど今の自分の年齢近くであることを考えると、私ももっと頑張らないとダメだと気持ちを新たにして帰ってきました。

さて、学会では年に一度しか会わない様々な先生に会うことができます。
今年は三重で開業している矯正科時代の同期と2年ぶりに再会し、楽しい時間を過ごしました。
友人達と話していてふと気がついたのですが、ここ最近、会う度に同じ話を聞く機会が多くなったような・・・。歳をとると同じ話を繰り返すようになると言いますが、我々はまだ40代なのでいくら何でも昔話が話の中心になるには早すぎますね。これからは矯正治療も自分の気持ちも未来志向で臨みたいと思います。