仙台の矯正治療ならくぼた矯正歯科クリニック

無料矯正相談 オンライン予約

TEL:022-395-5888

院長日記&お知らせ

子供用のインビザラインがついに始まります!

6月1日から二日間の日程で開催されたインビザラインのアジアサミットに参加してまいりました。4年前にも今回と同じマリーナベイサンズでアジアサミットが開催されて出席しましたし、シンガポールはこれで3度目です。何度行っても思うのですが、シンガポールギラギラした熱気に包まれています。緑が多くて美しい街という点では仙台と同じですが、人の多さと活性の高さは比較しようもなく圧倒されてきました。

サミットの内容は以前までの成人治療から、話題の中心が子供の矯正治療に移りつつあり、一部の医院では子供用インビザラインを用いて歯並びを改善するプロジェクトが始まっており、子供の矯正治療でどのようにインビザラインを使うと効率的かということが検討されています。私も子供の矯正治療のどのように  インビザラインを使用するのが効果的かをここ最近は考えており、今後は思春期以降の患者様だけでなく、小学生の低学年の段階の治療から積極的にインビザラインを使っていこうと考えています。

日本でも近日中に子供用のインビザラインが発売される予定で、私の医院でも使用できるようになります。
これまではワイヤー治療で対応せざるをえなかった症例でも、これからはインビザラインを使用できるようになり、治療の選択肢も広がるためワイヤーが嫌で治療を躊躇していたような方には喜んで頂けるのではないかと思います。興味がある方は是非一度医院にお越しいただけると幸いです。

今回のサミットではいろいろな方にお会いしました。
昨年の秋からオフィシャルのクリニカルスピーカーを務めさせていただいているので、インビザラインメーカーのアラインテクノロジー本社のCEOにもお会いすることもできましたし、私のセミナーにご参加いただいた多くの先生にもお会いして楽しい時間を過ごすことができました。

 

次のアジアサミットは2年後ですが、2年後も日本の矯正医が世界のインビザラインドクターの中で主導的な立場で居続けられるよう、私も新しいことにチャレンジし続けていこうと思います。

さて、シンガポールでは私の歯学部の同級生が歯科医師として働いています。毎度シンガポールに行くたびに一家で私のことをもてなしてくれていて、今回も丸一日お付き合いしてくれました。
3度目ともなるとメジャーなスポットは観光済で、旅行者らしくないプランを考えてくれたのか、まずはゴルフの打ちっぱなしからスタートで。たしかに私、学生時代にはゴルフ部でしたが、子供が生まれたのを機にゴルフ自体を引退しましたのでここ15年間ゴルフの練習なんて子供の遊びに付き合ったくらいしか経験ありません。案の定、全然思い通りの球は打てませんでしたが海外でゴルフ練習するというのは新鮮で楽しかったです。
ゴルフの後は、友人が入会しているというシンガポールで最も歴史のある会員制クラブに連れて行ってもらいプールで涼んできました。会員制クラブなんて日本でも足を踏み入れたことがないので過ごし方がよく分かりません・・。シンガポール人の紹介があった方のみ面接を受けて入会できるクラブらしく、セレブな雰囲気にあふれていました。


その後、シンガポールらしく屋台で夕食を食べて帰国してきました。

3日間という短い時間でしたが、充実した楽しい時間を過ごすことができました。
めちゃくちゃ暑かったのでちょっと疲れましたが、仕事をしながら体調を整えて今後の仕事に臨もうと思います。