くぼた矯正歯科クリニック

無料矯正相談 オンライン予約

TEL:022-395-5888

10代のための歯列矯正 インビザライン ティーン

インビザライン ティーンは、成長途中の10代のお子様が安心して
歯科矯正治療を受けていただくための治療オプションです。

成長期のお子様の矯正治療は、盛んな成長発育を利用することで歯を抜くことなく矯正が可能です。
特に10代は矯正治療に適した時期といえます。10代の歯は永久歯に生え揃う成長途中で、歯が動きやすいという大きなメリットがある他、10代のこの時期に自分の歯への意識が高まり、歯を大切にする将来の意識付けと健康促進にもつながります。
インビザライン ティーンは、透明で見えづらい矯正装置であること、痛みや見た目の変化が少ないことが特長で、従来のワイヤーによる矯正のデメリットを持たないことが特長です。

インビザライン ティーンの特徴

思春期のお子様にも安心
歯並びは気になっているけど、矯正装置はワイヤーが目立つので治療をしたくない、そういうお子さんは多いのではないでしょうか。最近では様々なニーズがあり、お子様でもできれば矯正装置は目立たなくしてほしいと希望される親御様もいらっしゃいます。インビザラインティーンズで矯正治療を行うと、透明なマウスピースを用いるため装置をつけていることがほとんどわかりません。周囲の視線が気になる思春期のお子様にも安心して治療を受けて頂くことが可能です。
10代の生活に合わせた矯正治療が可能
小中学生や高校生でも塾や部活があり忙しく毎日の生活が忙しく定期的に矯正歯科に通う時間をなかなか確保できないということはありませんか?インビザラインティーンズによる治療では通院間隔が1~3か月に一回程度ですし、来院された際の治療時間も30分程度と忙しいお子様にも治療を受けていただきやすい治療法です。また、インビザラインは装置が壊れたりワイヤーが刺さったりという従来の矯正治療で起こりがだったトラブルがほとんど起きないため、緊急で医院にお越しいただく必要がなく、予定外の来院を避けることができます。
将来のための早期治療にもおすすめ
10代のお子様では矯正治療に関係する様々な細胞の活性が高いため、大人の矯正治療よりも歯の移動がスムーズに進むといわれています。そのため短い治療期間で治療を終えることができ、年齢が低いうちに矯正を終えた方が治療後の安定性も高いといわれています。また、矯正治療はマウスピースやワイヤーを用いて歯を動かす以外にも、成長を利用して上下顎の位置関係を整えたり顎の大きさが大きくなるように成長誘導する過程が非常に重要です。インビザラインティーンズでは歯を動かすだけでなく、同時に顎の成長コントロールを行うことができより予想的な治療結果を得ることができます。

従来の矯正との比較

インビザライン
インビザラインティーン
ワイヤー矯正
治療方法 取り外し式の透明なマウスピースを約10日ごとに交換して歯を移動します。来院は1~3ヶ月に一回程度です。チェアタイムは30分程度です。 固定式の装置を歯に接着します。ワイヤーの調整を3~4週間に一回来院して頂き行います。チェアタイムは1時間程度です。
見た目 透明なマウスピースによる治療のため、装置をつけていることがほとんど分かりません。 表側に付けるボタン(ブラケット)やワイヤーはできる限り歯の色に近いものを使用しますが、装置が若干目立ちます。
使用感 表面が滑らかなマウスピースなので違和感の小さい装置です。簡単に取り外しができ、お子さまでも扱いやすい装置ですが、ご自身で着脱を行って頂くため患者様の協力が重要になります。 歯に接着したブラケットやワイヤーが頬に触れるため、違和感を感じやすい治療法です。固定式の装置なので、装置を着脱して頂く必要ありませんが、装置が入ったままブラッシングを行うため歯磨きが難しくなります。
痛み マウスピース1個あたりの歯の移動量が正確に計算されており、小さい力で移動予定の歯だけを動かすため、痛みが小さいと言われています。 ワイヤーを用いて比較的強い力で歯を移動し、歯並び全体が移動するため強い痛みが起こることがあります。移動速度はマウスピースに比べると速いため、治療期間が短くなることというメリットがあります。
身体への影響 装置で口腔内の粘膜を傷つける心配がありません。また、金属アレルギーなどの心配がありません。 装置が粘膜に擦れて口内炎になったり、ワイヤーがほっぺたを傷つける事があります。
ワイヤーやブラケットに含まれる金属で稀にアレルギー反応が起こる事があります。
生活への影響 目立たない装置のため、学校でも友達の目を気にせず歯並びの治療ができます。
来院回数が少ないので、クラブや習い事に時間を確保しやすいです。
楽器を吹く場合にも装置が邪魔になりません。
急患で来院することもほとんどありません。
稀に友達に装置を指摘されてストレスを感じることがあります。
一部の楽器で演奏する際に障害となることがあります。
装置が脱落したり、ワイヤーが刺さったりして急患で来院しなければならないことがあります。
治療の進行 歯の移動量は一個のマウスピースで最大0.25mmに精密にコントロールされるため、強い力がかかりにくいです。
成長を利用して、顎の大きさを大きくしながら、永久歯の萌出スペースを確保していくことができます。
ワイヤーの弾性力を用いて歯の移動を行い歯の移動速度は比較的速いが、歯の移動量を細かく設定することはできません。歯の根っこにに強い負荷がかかり歯根が短くなることがあります。

無料カウンセリングのご案内

当院では、いま話題の見えない矯正「インビザライン」の無料カウンセリングをおこなっております。
矯正治療をご検討中の皆様に実際にインビザラインを手に取り、触れて頂くこともでき、たいへん好評を得ています。
実際に治療にかかるお見積もりや治療方針、スケジュールなどのご説明もいたします。
この機会に、ぜひご自身の目でお確かめください。

予約受付:028-601-7882

カウンセリング受付フォーム
9:00~12:00----
13:00~20:00----
14:00~18:00----

休診日 木・日・祝祭日/毎月第一月曜日
日曜診療 毎月第一日曜日 9:00-12:00/14:00-18:00