仙台の矯正治療ならくぼた矯正歯科クリニック

無料矯正相談 オンライン予約

TEL:022-395-5888

院長日記&お知らせ

貧血

大学で研究指導をしていた大学院生が学位の審査間近ということで、その打ち合わせにやってきました。

何度か日記に書いているので既にご存じの方も多いと思いますが、大学院生の彼と私がこの4年間追究してきたのは、口蓋裂という先天疾患に対して、顎骨を再生させ将来的には再生骨に歯を並べるという研究です。
動物実験レベルではかなり良い結果を残すことができ、チーム内では満足しています。
出来れば大学院生が卒業後も大学で研究を引き継いで進めてくれ、いつの日か困っている患者さんに対する新しい治療法のとっかかりとなれば私としてはこれほど嬉しい話しはないのですが、後は彼のやる気に任せるしかありません。
もう一人前だし、彼も自分自信が興味を持つ研究に方向転換するかもしれないですしね。

さてさて、学位審査に対する打ち合わせを早々に終了させて、その後は一緒に泳ぎに行ってきました。
その彼は、中学時代に駅伝の全国大会で富山県代表のアンカーを務めたという強者(のはず)ですが、年月の経過と共に肉の鎧を身につけ見事な体格になり果てています。

昨日は、泳ぎ始めてわずか125m泳いだところで気持ちが悪くなったとのことで、そのまま採暖室に直行、貧血です。
泳ぎ初めて、わずか3分くらいの出来事。
その後、私が30分くらい泳いでいる間に彼の姿を一度も見ることはありませんでした。
泳ぎ終えて、彼の姿がどこにも見あたらないので、どこに行ったのかと不安に思いながら着替えていると、亡霊のようにフラフラしながら、それも人間離れした真っ青な顔色で彼が現れ、採暖室でずっとダウンしていたと。
バタリアンみたい・・・。
ややひきましたが、以前泳いだときも似たようなことがあったので気にしないことにして、そのままご飯を食べに行きました。

さっきまでの体調不良もどこへやら、ご飯を食べれば体調もすっかり元通り。
最後は元気に帰って行きましたが、おいおい、その運動不足やばいんじゃないの?
20代にしてメタボ気味のその体をみて、日ハムのヒルマン監督ならきっとこう叫ぶはずです。
“シンジラ~レナ~イ!”