仙台の矯正治療ならくぼた矯正歯科クリニック

無料矯正相談 オンライン予約

TEL:022-395-5888

院長日記&お知らせ

ALWAYS続・3丁目の夕日

テレビで昨日3丁目の夕日の続編が放送されていました。

DVDをそのうちに借りてゆっくり楽しもうと思っていたのですが、他に見るものもなかったしつい見てしまいました。
内容云々はさておき、あまりにコマーシャルが多いのには閉口しました。
無料で見ておいて文句を言うのもお門違いですが、せめてもう少し楽しく見られるよう配慮して欲しかったかも・・・。
DVDをレンタルして今度はゆっくりと楽しもうと思います。

さて、肝心の映画の内容ですが前作からほぼ継続した内容ですし、前作を踏まえて見るとさらに楽しめる内容に仕上がっていたと思います。
この映画、どこが良いかというとやはり“昭和の人情”に尽きると思います。
人と人が濃密に繋がっていてそれが不快じゃない状態。
少なくともほんの数十年前の日本ってそういう環境だったということをノスタルジックに思い出させてくれるのがこの映画だと思います。

前作を見たときにも同じような感想で、それを日記に書いたらいろんな人から感想をいただきまた。
それには私が良い意味で古いタイプの人間だと書かれていたことを思い出しました。
古いと言われるとなんだか時代についていけてないようで微妙ですが、確かにドライな関係よりも密な繋がりが好きですし、友人も的を射た意見を述べてくれます。

道ばたで子どもが遊んでいても安全で、周囲の大人達が遠くから温かい目で子ども達を見守っている世界、今の日本じゃあり得ません。
他人のことに干渉しても、それが迷惑やお節介じゃなくてご近所づきあいとして好意的に考えられる人間関係。
そういう地域の連帯感ができれば最近のすさんだ事件も少しは予防できるんじゃないでしょうか。

実生活はもちろん映画と違って綺麗事だけではありませんが、子を持つ親の意見としてせめて子どもが安心して外で遊べる社会、それだけは確保して欲しいものです。
自分の子どもには室内でゲームをして過ごすより外を元気に駆け回って欲しいと思うのですが、現実は・・・なかなか難しいもんですよね。