仙台の矯正治療ならくぼた矯正歯科クリニック

無料矯正相談 オンライン予約

TEL:022-395-5888

院長日記&お知らせ

睡魔

東北大学では学生の臨床実習で口腔育成といって予防歯科・小児歯科・矯正歯科が3科合同で小児の患者さんの口腔内を管理することで健全な口腔環境の獲得を目指すという取り組みが行われていました。
私も微力ながらその実習で学生の指導をしていたのですが、先日予防歯科の先生から口腔育成の関係者を集めて飲み会をするので参加しないかとのお誘いを受けました。
大学を離れて約2年、少しずつ大学との距離が遠くなっていくのを実感していただけにそういうお誘いは嬉しい限りで、ウキウキで仲間に入れてもらってまいりました。

幹事をしていただいた予防歯科の先生はワイン通だそうで、昨日のお店もその先生のお知り合いでもあるソムリエ協会の理事が経営されているLA・PAIXというお洒落なお店でした。
テーブルの上には普段使っことのないようなやたら大きなワイングラスが席の前に何個も並んでいて、ワインの味なんて全く分りもしない私には明らかにもったいないお店である気配が濃厚です。
そんなお店とは知らず普段着のジーンズにスニーカーの私は服装選びからすでに失敗しています。

さて、飲み会が始まるとテーブルに並んでいたやたら大きいワイングラスにまずは白ワインが注がれます。
飲んでみるとこれが飲みやすくてつい飲めもしないのにグビグビと飲んでしまいました。
しばらくすると今度は赤ワインもいかがですかとお店の方がワインを注ぎに来てくれます。
その時点ですでに軽く酔っぱらっているにも関わらず、赤ワインもいただくことにしました。

私と一緒に飲みに行ったことがある人ならその続きは読まなくてもわかるというものですが、その予想通りグラスに注がれた赤ワイン以上に顔が真っ赤になり見事なまでに酔っぱらいました。
酔っぱらった私の毎度のパターンですが、しばらくすると強力な眠気が私を襲い始めます。
お酒が入ってないときには夜更かし大好きな私ですが、アルコールが入るともうだめです。
飲み会のメンバーは私が学生時代にお世話になった先生方で大先輩ばかりなのに睡魔は私の瞼を情け容赦なく攻撃してきます。
気がついたら先輩方の中でやっぱり快眠に堕ちていました。

自分の医院でお子さんの口腔内を管理する際になにかよいアイデアはないものかと皆さんにアドバイスをいただこうと思っていたのに、全く困ったもんです。
睡魔に襲われながらもこんなことをしている場合じゃないと思っているのが、これまた私の往生際の悪いところです。