仙台の矯正治療ならくぼた矯正歯科クリニック

無料矯正相談 オンライン予約

TEL:022-395-5888

院長日記&お知らせ

新年会

先週末に東北大学歯学部同窓会の新年会が開催されました。
県内には同窓の先生が大勢いらっしゃるのですごい人数が参加すると思いきや、参加数はざっとみて100人くらいでしょうか。
ちなみに宮城県内に私の同級生は数十人いると思うのですが、参加者はなんと私ともう一人鈎取のイオンで開業している八木田くん(通称やぎー)だけでした。

歯学部の同窓会といっても会ったことがない先生が大半で、私としてはやや緊張する会でもあります。
ホテルの宴会場で着席形式での会合だったので、こうみえても意外に引っ込み思案の私は自分の席で静かに食事を取っていました。
しばらくすると同窓会長やら役員の先生がお酒を注ぎにまわって来てくださいました。
どっちが先輩なんだか、本来なら私がお酌してまわるべき所ですがどうもそう言うところが苦手で・・・。
酔いがまわりほろ酔い加減の大御所の先生方は、皆さん一様にご機嫌で楽しそうに話してくださるのですが、またまた気が利かない私は面白い話しもできず・・・。
要するに私はお酒の場では面白くもなければ気も効かない、なんともいけていない存在で、ちょっと考え物です。

でも、楽しくなかったかというとそういう訳ではなく、大学病院でお世話になった先生にも大勢お会いできたし、以前、官舎で同じ棟に住んでいた先輩からブログが面白いと感想を頂いたりとリフレッシュできました。
それにしても褒めてもらいはしたものの、客観的にみると今回のネタもやっぱり切れ味に欠けますね?、面白い話を面白く書くのって難しいもんです。

さてさて、新年会のメインイベントはビンゴ大会です(メインと思っているのは私だけかもしれません)。
ずっと前にも書きましたが何の根拠もないのに何故だかビンゴには私絶大な自信を持っています。
週末の新年会でもビンゴが始まると冷静を装いつつ実は超真剣です。
私のやる気に反比例するかのようにゲームが進んでも進んでも私のカードは一向に穴が空きません。
それなのに、隣のやぎーは快調に穴を開けてニヤニヤしているじゃありませんか?。
気がつけばいち早くリーチになり、隣で真剣になっている私を横目になんと見事に一等賞をゲットしました。
やぎーに負けるとは、むむむ…無念じゃ…。

一等を逃した私ですが、そこから追い上げをみせ結局3千円の商品券をゲットして帰って来ました。
今年の運勢もまあまあという感じでしょうか。
来年も必ず新年会に参加するよう諸先輩方から言われたので来年こそは一等賞を狙います。