仙台の矯正治療ならくぼた矯正歯科クリニック

無料矯正相談 オンライン予約

TEL:022-395-5888

院長日記&お知らせ

同級生

先日、三越で行われていたイタリアフェアの会場で試食のチーズを眺めていたら、横から手がスッと出てきて私の目の前でヒラヒラしているのが見えました。
手を振っている人を見てみると歯学部の同級生が私の方を見て笑っていました。
その同級生とは多分10年ぶりくらいで顔を合わせたと思うのですが、彼女はそのブランクを全く感じさせない様子で“今日は診療お休み?”って。
いくらなんでも10年ぶりに遭遇した相手に対して最初にその質問はどうでしょう?
あまりに普通に聞かれたもので私も“あ~今日は水曜だからうちは午後から・・・”なんて答えてしまいました。

歯学部の同期は60人近くいて、自分のことを棚に上げて言うのもなんですが、うちの同期はキャラの濃い人がたくさんいます。
歯学部では実習のパートナーはたいてい五十音順の学籍番号の前後で組まされます。
私の学籍番号の前後はこれまたキャラが濃くて一つ後ろはこのブログにも度々登場している優等生の小久江くん、一つ前はK藤くんと言って体重が120キロもある巨漢でした。

その巨漢くんは体に似合わず神経が細いところがあり実習となると緊張で手が震えたり汗ダラダラになったり、挙げ句には喘息の発作を起こしてみたり何かと手がかかったもんです。
ひょっとしたらそんな時の私の冷たい視線が余計に彼を動揺させていたとの噂もありやなしや。
そんな彼も県外で開業し今では院長として活躍しているようなのですが、学生時代に冷たくされた割に、どういう訳か仙台にくる用事があると律儀に私に連絡をよこしてきます。
3月末にも所用で仙台にやって来るとのメールが届き、なにやら同級生を集めて歓迎して欲しそうな気配。
でも、その類の会の幹事を私に頼むのは大間違いです、基本的に適当な性格なので事前にきっちり連絡を取るのが私非常に苦手です。
案の定、日曜のお昼時だったこともあり集まった同期はお人好しの数人だけでした、K藤よ、期待に添えなくて申し訳ない。

ちょうど小久江君がブログで別の同級生のことを書いていて(http://kogueshika.blog43.fc2.com/blog-category-9.html)、これがまた笑ってしまうので是非読んでみてください。