仙台の矯正治療ならくぼた矯正歯科クリニック

無料矯正相談 オンライン予約

TEL:022-395-5888

院長日記&お知らせ

出張中に考えたこと

11月3日、文化の日にふさわしく東京までセミナーに行って参りました。今回のセミナーはスペインから来られた先生が講師で、セミナーが終わった後に質問に行って、ついでにちゃっかり写真をパチリと1枚撮らせて頂きました。

この先生が特別なのかそれともスペイン人はみなそうなのかよく分かりませんが、とにかくものすごい巻き舌で英語を聞き取るのが難しいのなんのって・・・。とはいえ、そもそもアメリカ人のキレイな英語は逆に早すぎて聞き取れないし、結局のところ英語を聞き取れないのは相手の問題ではなく自分の能力の問題ですね、まだまだ英語力不足を痛感しました。

肝心の内容は、日本語の通訳がついていたので完璧です。最近私が興味を持っている装置の話しで、この先生は開発者本人でもあり詳しいことが聞けたし疑問も解決しました。楽しい祝日を潰して東京まで出かけた甲斐がありました。

さて、この1年は学会やセミナー等で出張が多くて忙しい時間を過ごしています。歯医者が出張なんてなんだか変な感じがしますが、私、医院を離れて出張に行くのが大好きだったりします。

 なぜ出張が好きなのかと、新幹線の中でぼ〜っと考えたてみました。まず最初に考えられるのは現実逃避。何から逃避したいのか自分でも定かじゃありませんが、少なからず日常から離れて自由になりたいという気持、誰にでもありますよね。例えば、できることなら南国の楽園で仕事もせずに一生ビーチでゴロゴロしていたい、とか。

 次に考えられるのは私には落ちつきがないから。私、基本的にじっとしているのが苦手です。とにかく何か目標を見つけて動き回りたい、これは習性に近いモノがあります。マグロは泳いでないと死んじゃうそうですが、私も1年中医院から離れずに仕事をしていると私の精神が死にそうになります、なんて。とにかく出張で何か刺激を受けるモノをとにかく探したいとそんな感じです。

3番目の理由、これが実は一番正解かもしれません。乗り物の移動時間が好きなのかも。鉄道マニアでもないし、飛行機なんて狭くて嫌いだといつも思っていますが、案外乗り物の中で過ごす時間は好きなのかも。移動中の乗り物の中って本を読むか外を見るか、後は考え事をするくらいしか時間の潰し方がありません。読書マニアでもあるのでゆっくり本を読めるのは嬉しいし、読書に疲れた時に窓の外を眺めていると新鮮な気分になります。そういう時って空気がいつもと違うせいか思いもよらぬ斬新なアイデアが頭に浮かんできたりします。まあ斬新だと思ったのは一時の気の迷いで大抵はろくでもない考えばかりなのですが、そういう妄想が大好きだったりします。

でも、なんだかんだと考えてみましたが、やっぱり結局のところ仕事を忘れて妄想の世界を彷徨いたいと、そう言うことなのかも。

 今年の出張は今のところ残すところあと1回ですが、来年もまた海外の学会とか様々なセミナーにチャレンジする予定です。

 でも、こうやって気ままに放浪できるのは文句も言わず家で待っていてくれる家族の支えがあってのことだし、留守中にしっかり医院の仕事をこなしてくれる高坂先生やスタッフがいるからです、周囲のみなさんに感謝感謝ですね。